SDGsへの取組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。日本でも様々な企業・団体等が積極的に取り組んでいます。

ハマダスポーツ企画株式会社による
SDGsの取組み

SDGs活動NEWS

2022/09/13

【兵庫児童館】「またあそボックスで楽しく再生利用」

兵庫児童館では、子どもたちにもSDGsを実践してもらうために「またあそボックス」を設置しました。捨ててしまいがちな、敗れた色紙等まだ使える物を回収しました。集まった色紙を色分けをしながら細かくちぎり、再利用できる材料としました。それを使って子どもたちと一緒に児童館の看板を作りました。子どもたちがこれを見て、日々SDGsについて思い出してくれるといいなぁと思います。

2022/09/07

【ハマダスポーツ企画株式会社 全施設】「蓄電池の導入~非常時にも安心な備えを~」

災害など緊急事態への備えとして、ハマダスポーツ企画株式会社の全施設は蓄電池を導入いたしました。非常時、万が一の停電時や長時間にわたる大規模停電時にも連絡・情報収集手段をしっかり確保できます。
私たちは様々な場面を想定し施設の管理運営を行っております。

2022/08/24

【兵庫児童館】「遮光ネットは夏の風物詩」

兵庫児童館は屋外の廊下です。毎年、気温が高くなる前に遮光ネットを設置します。厳しい暑さの夏を、少しでも涼しく過ごしやすくするための工夫です。地球温暖化防止に役立てながら、子どもたちに生活の知恵を知ってもらえればと思っています。
この遮光ネット、子どもたちにとっては遊び道具にもなりますよ。「ネットに触らないようにするごっこ!」風に揺れるネットから逃げて遊ぶ子どもたちも楽しそうです。涼しくて、楽しい、遮光ネットは児童館の夏の風物詩です。

2022/08/22

【一宮地域文化広場】「緑のカーテン」

一宮地域文化広場にて『緑のカーテン』を実施しています。
地球温暖化防止のためのエコ活動としても取り組んでおり、厳しい夏を涼しく過ごすために、植物の力を借りています。つる性の植物をプランターで育て、「緑のカーテン」で人も地球も涼しく!
施設にて楽しみながら育てれば、自然と子どもの環境への関心と興味が高まればと
思い施設職員と一緒に大事に育てています。


 

2022/08/17

【豊橋体育施設】総合スポーツ公園祭’22「フードドライブ」

豊橋市総合体育館、アクアリーナ豊橋にて6/26に開催した『総合スポーツ公園祭’22』の中で「フードドライブ」を実施しました。
多くの方々のご協力により890点(800kg)の食品をフードバンクへ寄付することができました!皆様のご好意が食品を必要としている方々の笑顔になりますように!

アウトリーチ事業

管理業務を通じての
心身の健康づくり
・健康に関する教室の実施
・スポーツを通じた心身の健康の提供
・文化的な教室の実施
・子どもの体力、運動能力の向上
・幅広い年齢層、内容を対象にした教室実施

企業事業

管理業務を通じての
楽しい生活づくり
・水泳大会の実施
・体組成測定、体力測定会実施
・水上遊具イベントの実施
・SNS導入
・フードドライブ実施
・グリーンカーテン設置

地域社会貢献

管理業務を通じての
地域社会貢献
・地域の美化活動
・指定緊急避難場所及び指定避難所の対応
・安全管理のための消防訓練
・市民祭の出展
・人感センサー設置
・協賛、ボランティア活動
・小型家電回収BOX設置
自分らしく働ける職場
・定期的な研修会の実施
・若手社員のキャリアアップ支援
・女性活躍の推進
・法定健康診断の実施
・プライバシーマークの取得
・高齢者の雇用維持
・web会議の導入