‘児童館の様子’ カテゴリーの記事

どろだんご作り

2020年10月26日 月曜日

児童館でも人気のあそびの一つ「どろだんご」。

今回はつるつるピカピカを目指して作りました。

IMG_8631

手のひらサイズに集めた土を丸めてお団子の形に。

そこからは細かくこしたサラサラな砂を、

少しずつかけては磨いてのくり返し。

IMG_8628

苦労して作ったものは、なおさら愛着があり、

みんな大事そうに優しく扱っていました。

そして今回は、色も付けてみました。

IMG_8691

水の量だったり、重ね塗りだったり

自分たちで考えながら塗りました。

IMG_8632

途中、割れてしまう子もいましたが、

何度も挑戦できるのがどろだんごの良さですね。

出来上がったものは玄関に飾ってありますので、

来館した際はのぞいてみてくださいね。

ハロウィンの飾りを作りました!

2020年10月22日 木曜日

今ではすっかり定番になったイベント「ハロウィン」
子どもたちがかわいい、かぼちゃやオバケの飾りを作りましたよ。

写真 2020-10-23 10 57 26

女子が多い、工作あそび。
賑やかに、でも真剣に始まります。

写真 2020-10-23 10 57 23 写真 2020-10-23 10 57 24 写真 2020-10-23 10 57 20
器用に手先を動かして
細かいところも自分たちで作っていきます。

写真 2020-10-23 10 57 19 写真 2020-10-23 10 57 25 写真 2020-10-23 10 57 22

もくもくと作るこどもたち。
完成度が高く
みんなの満足度が高い。

写真 2020-10-23 10 57 34 写真 2020-10-23 10 57 36

もちろん、マスクに手洗い、消毒も忘れずに実施しました。
終了後も
施設と道具のアルコール消毒も実施。
コロナ禍でも
子どもたちが安全に楽しくできるように児童館は工夫しています。

写真 2020-10-23 10 57 29

楽しく、安全に。
ステキなハロウィンができあがりました~!!

秋ですね

2020年10月20日 火曜日

この前まで半そでを着て、汗をかいていたのに
あっという間に
涼しく、時に寒くなりました。

このままではすぐに冬になってしまう!
その前に
秋を堪能しなければと、児童館の入り口に秋らしさを飾ってみました。

ご近所のおじさんが「こどもたちに見せてやって」と

124FB8CA-2946-4C0D-95E7-1E0484A0D406

鳥がついばんだ、柿をそのまま持ってきてくださいました。
なかなか
見ることのない鳥たちの食事。

子どもがいいました「ひとくちかじっただけだね~」
他の子がいいました「鳥はくちばしが小さいからきっと何回も食べたんだよ」

かわいらしい会話。
子どもたちの想像の世界は素敵だなぁとおもったのでした。

明日天気になあれ!

2020年10月17日 土曜日

 

明日は兵庫小学校の運動会です。

93186367-253F-404B-8BA4-160F9611F2EB

でも

天気予報は雨80%

それでも

なんとか晴れることを祈って

てるてる坊主を

作りました!

2167706F-5DE0-40B7-A4D8-F86951339F8A

11F2BB44-1063-46A9-963B-BC8094D46E47

カラダの部分に

お願いゴトが書き込まれてます。

「明日の天気へ

運動会の日が晴れますように」

「明日の天気さん」にお願いしたようです!

なんて

可愛らしい‼︎

21676567-7F94-4F91-8CAE-536E1D5B38F1

そして

今風なのか?

地域性なのか?

私の知らないルールがあるようです。

【てるてる坊主の目玉は願いが叶って晴れたら書き込む】んだそうです。

ダルマ⁈

カマキリVSあしなが蜂

2020年10月13日 火曜日

児童館の庭のドングリの木に
あしなが蜂が寄ってきます。

どんぐりの木の樹液が好きなのかしら。

子どもたちが刺されては危険!どうしたもんかと
観察していたら・・・。

8F912A67-E921-4C16-ADBD-E8BCB008D055

あしなが蜂がぽとんと草の上に落ちて
その先にカマキリ。
運命の出会いなのか、
それとも狙っていたのか、
職員しかいないお昼時。夢中になって観察してしまいました。

どちらが強いんでしょうか。

97160609-59C0-40A1-9441-BB74A0E9196D

しばらくカマキリの優勢。
カマッと捕まれたあしなが蜂はじたばたするも思い通りに動けず。
このままカマキリに食べられるのか?
すると
急にカマキリが暴れだして、蜂をコロンと手放してしまいました。
その隙にふらふらとしながら、逃げ飛び去るあしなが蜂。
刺されたのかしら?
しばらくカマキリは自分の足をなめていたのでした。

何が起こったのかはわかりませんでしたが

「子どもたちに見せたかったなぁ」と
思った職員たちなのでした。

ページトップへ