2009年11月 の記事

どうぶつしょうぎ

2009年11月25日 水曜日

doubutsushougi
今日は「どうぶつしょうぎ」の紹介
このゲーム「日本女子プロ将棋協会」が公認している。チャンとした将棋の一つです。
従来の本将棋だと、どうしても女子にはなんだか・・・なぁ・・・あるいは小学校低学年には・・・・むつかしいかなぁ・・・なんて感じでしたが、
でも、この「どうぶつしょうぎ」、なんて言っても、ルールが簡単、駒がかわいい、盤も小さい、試合時間が短い・・・・・いいことがいっぱい。

そ・こ・で・・先日、11月15日(日)モリコロパーク内、愛知県児童総合センターで開催された「元気スイッチon!あつまれあいちのじどうかん」のブースにて、紹介させていただきました。多くの方に実際遊んでいただき、中には、息子さんにコロッと負けてしまったお父さん、長考戦で、なんだか楽しそうだったカップル、いっぱい並べてお話を作って遊んでいた女の子・・
最近では、書店でも購入することができますが詳しくは下記URLで・・・
http://www.joshi-shogi.com/1day/2009/04/rules.html

しかも、23日(月)、その考案者のひとり、藤田麻衣子棋士とお会いすることができました。考案された思いを、直接伺うことができ、わが児童館の「おすすめ」として、今後も大いに、皆さんに知っていただけるよう、事あるごとに紹介していきたいと思います。

「移動児童館がやってきた」 愛知県児童総合センターから

2009年11月7日 土曜日

urauracamerashiritori
11月6日(金) 愛知j県児童総合センターから、「移動児童館」ということで、スタッフの方2名が、遊びの指導に来てくださいました。

日ごろ児童館で遊んでいる内容とはちょっと違う、ダイナミックな遊びに、どの子も笑顔いっぱい、興奮いっぱいで参加していました。

【内容紹介】
「うらうら・ゲーム」(写真左)
・赤と青とが裏表になっているカードをたくさん、置いておく。
・赤チーム青チーム代表の子が中央でじゃんけん。
・じゃんけんで勝ったチームの子は「ストップ」の号令がかかるまで、自分のチームの色にカードを裏返す。
・じゃんけんに負けたチームの代表は、中央のさいころ型の箱を自陣に持ち帰る。その時点で「ストップ」をかける。
・じゃんけんの勝ち負けに一喜一憂・・・歓声・・・怒声・・・奇声・・・ワイワイガヤガヤ

「カメラ・しりとり」(写真右)
・各チーム10名ほど、一定時間内で、デジタルカメラで「しりとり」の写真を撮り続ける。
・単に物だけではなく、トンチを利かしていろいろな写真を撮る。
・最後にプロジェクターで映し、確認する。
・20分間に23個も撮影できたグループ・・・そんなもの児童館内にあったっけ・・・・なんていうものまで見つけたり・・・本の中のページを撮ったり・・・自分たちで表現したり・・・いやなかなか・・・うーーーーむ・・・やるねぇ

いつも言ってる、遊びに大切なこと。
「仲間」 「時間」 「空間」 そして 「手間」・・・・今回の場合は「用具」
      ・・・・・すごく納得・・・・・

ページトップへ